開業TK .
NO.1 独立・起業専門サイト
.
KAIGYOU.TK
.
初めての独立・起業の事なら開業TKにお任せ!!
完全面談でフルサポート!!
.
フリーダイヤル .
TEL : 0120-689-987
.
平日 : 9:00 〜 18:00 / 土日祝日 : お休み
.
トップページ 初めての会社設立 サービス内容 会社案内 料金表 お問い合わせ
無料ご相談窓口!!お気軽にお問い合わせください
.
初めてでも安心!!初めての会社設立フロー
.
まかせて得する!確定申告
節税、税務、経営、資金対策、労務などに関するお役立ち情報を配信します。
.
.
 
.
 
.
 
.
 
.
 
.
.
.
公開日 :

従業員の食事代は月3,500円まで

会社が従業員に食事を支給した場合、会社の負担額が月額3,500円以下で、従業員が食事代の50%以上を負担していれば福利厚生費として処理する事ができて、現物給与とされる事はありません。

この場合の食事代は、次の金額で評価する事になっています。

_饉劼調理して支給する食事代については、その食事の材料費に相当する金額

会社が購入して支給する食事については、その食事の購入価格に相当する金額

ただし、食事は福利厚生費となったとしても、食事代を現金で渡すと給与となってしまいますので注意が必要です。

食事はあくまで現物で支給するものと思ってください。

また、残業した人や宿負担した人への食事代は、原則として福利厚生費とする事ができます。また、これには月3,500円以下とか、50%以上の徴収といった制限もありません。

ただし、残業時や宿日直の食事代についても現金で支給すると給与とみなされるのは同様ですので注意が必要です。

 

 

 

 

 

.
公開日 :

以前に退職金の支払いによる節税を紹介しましたが、今回は別のケースを紹介しようと思います。

一般社員に退職してもらい、役員に昇格してもらうという方法です。つまり、その退職の際に一般社員として働いた期間に応じ退職金を払うということです。

一般社員が役員に昇格するということは、報酬や労働条件、勤務内容が変わるため、一般社員としての勤務は終了したとして、退職金を払います。

このようなケースに対して過去に税務訴訟になったことがあります。しかし、結論としては、役員昇格後の勤務内容や労働条件等に大きな変動がある場合には、退職金として認められるという判例がでています。 

また、社長の息子に事業承継させる場合には、利益が大きく出たときに役員に昇格させるのが一つのタイミングであり節税手段としても有効となりえます。

 
.
.
.
.
W3C XHTML 1.0   W3C CSS  
このウェブサイト独立・起業などの文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部を了承なく複製、使用することを禁じます。
 
KAIGYOU.TK トップページ 初めての会社設立フローSTEP1 設立時に決める事STEP2 会社設立フローSTEP3 会社設立の費用
STEP4 当事務所の特徴作れる会社の種類株式会社の設立費用株式会社の設立までの流れ起業時に必要なもの銀行口座の開設
会社目的の作成営業許認可が必要な事業起業時のよくある質問集新会社法について関連書類サンプル起業後の必要手続き
有限会社から株式会社に変更登記簿の内容変更法人成り助成金とは受給資格者創業支援助成金中小企業基盤人材確保助成金
地域創業助成金高年齢者共同就業機会創出助成金KTAX会社概要当事務所の特徴実績&お客様の声料金表
お問い合わせ | 新着情報全国税務署一覧全国法務局一覧都道府県税事務所一覧

Copyright 2005-2009 KTAX CO.,LTD.All Right Reserved.
このホームページに掲載されている動画・画像の二次利用・無断転載・直リンクを固く禁止いたします。
専用フォームはこちら 面談のご予約はこちら